忍者ブログ
ゆったり流れる、文鳥と過ごす日々。
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[08/06 あすにぎ。]
[06/28 あすにぎ。]
[06/26 あすにぎ。]
[06/05 あすにぎ。]
[05/08 あすにぎ。]
最新記事
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
プロフィール
HN:
性別:
非公開
職業:
天使のしもべ
趣味:
天使との戯れ
自己紹介:
天使=白文鳥。おフランス語読みにして頂くと嬉しいです。傍若無人・天上天下唯我独尊なイケメン女王様。
霞=アルコールと競馬とスイーツが好きな、女王様のお世話役。
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プレリュード

天使との出会い。それは……。



五年前程前に遡ります。

文鳥村、と呼ばれる弥富に行きたくて、近くに住んでいる友人を訪ねる傍ら、かの土地を訪れたのです。
友人も
「弥富って、金魚で有名じゃなかったの、文鳥でも有名だったんだ」
と驚いていましたが。
意外に文鳥村としてはマイナーだったのかもしれません。

白文鳥発祥の碑も見てきましたが、
「……」
ここかあ、といった印象でした。
それなりに感慨深くはあったものの、なんてーか。
隣がごみ捨て場…… ちょっと切なくなりました。
神社もひっそりしていましたしね、畑のなかにポツンと一つ佇んでいる感じで。
 
屋根の上の風見鶏、ならぬ文鳥が目印の喫茶店「桃の木」にも行きました。
文鳥の卵、美味しかったです。
ブッセもお土産に買いましたが、これもまた美味でした。
 
弥富歴史民俗資料館で、文鳥の歴史と弥富の歴史に触れて、その後、駅にほど近いペットショップへ。
そこで、運命の出会いが待っていました。
店主さんが「雛いるよー」とますかごを開けてくださったときのこと、いまだに忘れることができません。
ぱかっと開いた蓋、その向こうには、いるいる……文鳥の雛!
こんなにたくさん……と、思わず顔がにやけ
「全員、引き取ります」
と、言いそうになってしまった自分がいました。
基本的に多頭飼いを目的とはしていなかったので、厳選した健康な一羽をお迎えしようと、白文鳥の男の子をリクエストしました。
 
「この子なんか、いいよー」
そう言って、取り出してくれた文鳥、まだ、親指大の大きさで、目も殆ど開いていない、羽すら満足に生えていない生後十日程度の雛ですよ。それが、いきなり私に飛びついて来たのです。胸にべたっと張り付いて、動かないのです。
これは、この子に決まりでしょう! ですが。
すぐに連れ帰ることは出来なかったのです。その晩は、友人宅へのお泊まり。泣く泣く店主さんに翌日引き取りに来ることを告げて、その場は去りました。 そして、翌日……

<つづきます>

拍手[3回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne